Make your own free website on Tripod.com

Last Updated 08/29/2001
[8/1] [8/5] [8/6] [8/7] [8/8] [8/13] [8/14] [8/18] [8/26] [8/29] 9月の日記へ
08/29(水)スリムになりたい人の、まさにバイアグラ

内容:どうすればもっと素晴らしい生活と幸福を再び手にできるのでしょうか

封筒にこんなキャッチコピーのついたダイレクトメールが届いた。シンガポール発のエアメールで、つまり、経口ダイエット薬の宣伝だ。

何がすごいって、同封のパンフレットに使用前、使用後のお尻部分の写真が3セット載ってるんだけど、これがじ〜っと見ると全然違う人としか思えない。かなりあやしい。

普通なら開けずに捨てるんだけど、あまりにもコピーが印象的だったので、まじまじと見てしまった。ヘンだけどある意味、ダイレクトメールとしては成功してるのかも。

08/26(日)『A.I.』

短かった夏休みが明け、台風の一番ひどいと思われた夜に白金台でクライアントと暑気払いし、連日、打合せディナーや、会社帰りに残業食事代で飲んでいたら、あっという間に一週間が終った。ちょっと調子が出て仕事がおもしろくなってきた。(飲んでることとは、直接の関係はないはず。)

それで週末、スピルバーグのA.I.を観た。なんだかよく分らないぞ。オチを期待して待ち続けながら終った感じ。う〜ん、感想を述べるのが難しいっていうか。

細かいことでは、オリエンタルなお家がデザイナーの設計って感じで、とっても素敵だった。針金の持ち手付コーヒーカップもおしゃれだったし。あと、ルージュタウンっていう歌舞伎町みたいな町にいきなり日本語の看板があってカタカナで「ラブモール」(?)とか書いてあった。
・・・感想もオチがなく終ってしまうけど許してねって感じ。

前に見た『千と千尋の神隠し』はおもしろかったなあ。古いトンネルとか鳥居とかをくぐると、豚になるんじゃないかと、どきどきするもん。これはおすすめ。

以上、今年2本しか観ていない映画のご紹介でした。

08/18(土)富士登山

数年来、夏になるたびに登りたいと思っていて、でも実現しなかった富士登山を決行した。
深夜に登って山頂でご来光を見るプランは避け、雲海が眼下に広がる須走口5合目(2000m)を朝7時に出発した。

天気は晴。雲海も消えた下界を、立ち止っては眺めながら登ること6時間。午後1時ごろに山頂の鳥居をくぐった。感激。

あいにく雲が出てきて、山頂からの眺めはなかったけれど、途中では、御殿場の町、山中湖、河口湖が見下ろせた。時々背中で「ドーン」「バンバンバン」と大きな音がするのは自衛隊か、米軍基地からの音のようだった。せっかくの素晴らしい眺めにこのBGMはどうかと思いながら、重い足を運んだ。

さすが日本一の山だけあって、いろんな人が登っていた。ストックで何かが釣れたと思ったら、クマのぬいぐるみをリュックに入れた男の子だったりした。子供のお父さんは慌てていた。
「ほらほら、どこのお姉ちゃんのつかんでるの?」

この家族は広島から来たらしい。子供は「ぼく4さい。」と言ってかなり気まぐれな歩き方をしていた。まだ6合目にも届いてなくて、その後会わなかったのだけど、どこまで登ったんだろう。

頂上で最後の1個になったおにぎりを食べ、味噌汁とコーヒーを飲んだ。頂上は予想をはるかに超えてにぎやかな観光地だった。お店が並び、みやげ物を売っているし、飲み物やラーメンなどもある。ただし山頂価格。

火口のむこうがわに観測所が見えたが、お鉢まわりはせず、登りと同じく須走口をめざして砂走りコースをザザッ、ザザッと2時間半で下った。

富士山は単調でつまらないとか、一度でいいとか聞くけど、調子に乗った私はまた行ってもいいなあ、と思った。はあ〜、夏も終わりだ。

08/14(火)ハードボイルド

昨日の続きになるが、神保町の駅まで歩き、半蔵門のオフィスに戻ったのが、5時ごろだった。
うるさいなあ、と思って見上げると、ヘリがたくさん上空を旋回している。永田町のあたりか?道行く人も空を見上げている。

最近、たまたま本駒込駅の「本駒文庫」で見つけて、ハードボイルドを読んでいる私は、地下組織のテロかあ?いざとなったらどうしよう。戦わなくちゃ、どきどきする。

オフィスに戻って、ニュース速報を見たら、
「小泉首相 靖国参拝」
なるほど、これだったのね。

08/13(月)K-1

仕事で神田の出版社に行ったついでに、前の前に勤めていた会社に寄ってみた。
週末、その会社でただ一人の30代女性社員になってしまった先輩Sさんのマンション(ちなみに所有している)に集まっておしゃべりをしていたときに、オフィスが隣に移転したのは聞いていたので、それも見てみたかった。

私がいた時代は、オフィスで一番ゴージャスな大きな机でのけぞって居眠りをしていた元社長のOさんが、小さな机に座っていた。社長交代して、特に出社しなくても良い身分らしい。
新しい名刺を渡すと、さすが商社にいただけあって、アメリカでは大きい会社やろ。ずいぶん名前を聞いたわ。なんて言ってくれた。

金融関係で確定拠出年金の運用機関のPRも担当している話をすると、
「ああ、K-1やったっけ?」
「え?!401K? K-1は違いますよ。」
「そうやったな。K1いうたら、殴ったり、こわいな、はっはっは。」

相変わらず声がでかい。
見慣れた制服、見慣れた経理システムの画面、なんだか遠い昔のような気がするけど、2年半前はこの会社で働いてたんだなあ。異動や出入りが激しいのは昔と変わってなくて、一緒に働いていた後輩は、私の後に辞めて、新しい店舗オープンの時にバイトで復活して、今は契約社員になったらしい。出戻りも珍しくない。

やめてもこうして訪ねていけるし、けっこう居心地のよい会社だったなあ、と思いながら早足で今のオフィスに戻った。

08/08(水)どうせやるなら

うちの会社は8時過ぎまで働くと1500円までの食事代が出る。
それで、残業組は出前を取ったり、ピザを取ったりするんだけど、昨日はコンビニに食料調達に行った。それで、お菓子とかサンドイッチとか、ストック用お菓子も買って700円くらいだった。

上司のマネージャーにサインをもらおうと、伝票を書いて渡すと、副社長が通りかかった。
「めくら判じゃだめだぞ。」
Iさんは、レシートをじーっと見て、
「何を食べたかチェック。」
「う〜ん、この“ばかうけ”は認められないな。“あずきクッキー”もちょっと・・・」
なんて言い出した。最近のマイブームお菓子なのに。

「そんな35円なんてちっちゃい、ちっちゃい。どうせやるなら、もっと大きくやらなきゃ。」
と副社長は笑って行ってしまった。彼はいつもメディアとの意見交換でご飯食べて、たくさんお金使ってるからねえ。

08/07(火)ぶっそう

うちの近くも最近物騒になってきた。

人ごみを見かけると、報道関係者を装って“やじうま”最前線に乗り出すらしいA氏もぼやいていたが、久しぶりにメールに返事をしたらぼやきのページに取り上げられた。

元同僚のA氏はまだTOTOで当たったウン百万で生活しているのだろうか??

08/06(月)目のうるうるした茶色いキャラクター

目のうるうるした茶色いキャラクターはニャンダー仮面か、ハム太郎じゃないか、とYが教えてくれた。さすが二児のパパは物知りだ。

さらにYによると、子供に人気のキャラクターたちの目がうるうるしているのは、親に「売る売る」作戦らしい。

08/05(日)祭

夏祭に行った。
車両通行止の夜の大通りを、町の色々なグループが、かなりはじけたコスチュームで踊りながら占領している。アフロヘアのカッパや、少年サッカーのユニフォームがねり歩くなか、郵便局のリスのキャラクターも、一見やる気のない動きをしながらも、ぬいぐるみとしての魅力はあるみたいで、子供達に握手を求められていた。フォークダンスサークルのおばさまたちはいきなり、沿道のお兄ちゃんを招き入れて輪になり、すごい勢いでぐるぐる回りはじめ、見てるこっちが目がまわりそうだった。

一番気に入ったのは、ナッツの屋台。いろんな種類のナッツが並んでて、袋に詰め放題でなんと200円!カシューナッツと、ピーナッツの砂糖かけを中心にできるかぎり袋に詰めた。これは安すぎる。ナッツ大好きの私にはたまらなかった。詰めたのはいいけど、いくら食べてもなかなか減らない。

欲しかったのは、でっかいビニールの人形。だっこちゃんの巨大版ってかんじで、赤いバンビや、目のうるうるした茶色いキャラクター(名前は知らないけど人気のあるアレ。)を首のうしろにつけて、おんぶしているような子供がたくさんいた。というより、でっかい人形があちこち歩いてる感じ。

やっぱり浴衣や、甚平姿が多くて、私は初めて膝丈のミニ浴衣を見た。ミニを着て袖を肩までまくしあげて着るのが今のティーンエイジャーのはやりらしい。

広場では、「こんな重いつけまつげをつけていても、なかなか芽(目)が出ません。」という歌舞伎役者のようなかっこうをしたおじさんが、演歌を歌っている。これはまさに室井滋の『のど自慢』の世界。
道の向こう側では、インディーズのロックバンドが歌っていた。

はあ〜、日本の夏休みっていいな。

08/01(水)ゲームウォッチ

喫茶店でお昼を食べていたら、隣の女性二人が話していた。リカちゃんとか、ピンクレディーの話をしているので、どうやら私と同世代らしい。一人が、お医者さんをやってる友達の家に、当時高価だったブロックゲームをやりにいっていた話を始めた。うん、うん、私も養鶏場をやってる友達の家まで遊びに行ってやらせてもらってた、と心の中で参加する。そしてゲームの話になった。

「ほらさあ、ちっちゃいゲームでさあ、なんか落ちてくる人を助けるやつとかあったよねえ。」
「あったあった。ビルから落ちて自殺する人を助けるの。」
「・・・」
「あれって、火事で脱出している人を助けるんじゃないの?」
「そうかあ。そうだよね、自殺する人そんなに多かったら大変だもんね。」
「そんなゲームしたくないかも。」

なかなか面白かった。私はドンキーコングが得意だった。


TOP [8/1] [8/5] [8/6] [8/7] [8/8] [8/13] [8/14] [8/18] [8/26] [8/29]
過去の日記
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

Since March 2001. Copyright 2001 Mako all right reserved.